春秋航空の搭乗手続き

春秋航空にも、登場する際の手続きが必要になります。搭乗する際には身分証明などの手続きが必要で、手荷物のお預けがあり、保安検査場を通って搭乗口に入ります。国内線と国内線で手続きの方法に違いがあります。

国内線での搭乗手続き

手続きの締め切り時刻は、出発35分前までとなっています。成田空港では出発120分前から、他の空港は出発90分前から始まります。手続きには、予約確認書または予約番号が必要になります。手続きでは、係員が身分証明を確認します。搭乗券は1人1枚ずつ発行されます。手荷物がある場合は、出発35分前までに預けておきましょう。手荷物の容量や持ち込めるものに決まりがあるので、手荷物を預ける際は十分注意してください。搭乗口へは、出発25分前までに来るようにし、保安検査場の混雑が考えられるので、できるだけ早く進むようにしましょう。

国際線での搭乗手続き

出発90分前までには搭乗手続きに来るようにしなければなりません。航空便のスケジュールは変更になる事があるので、注意しましょう。チェックインでは、パスポート・ビザなどの必要書類を、係員が確認します。必要書類の有無は、お客様の管理が大切となります。国内線とは異なり、自動チェックイン機の利用はできません。保安検査場へ行き、税関検査と出国審査を受けます。出国審査は速めに済ませ、持ち込む手荷物は持って行けるものだけを用意しましょう。搭乗口には出発30分前までに行くようにしてください。

春秋航空の搭乗手続き

搭乗手続きは、必要書類を用意して、係員の確認を取ってもらう必要があります。手荷物がある場合は、お預けが必要になります。国際線での手続きなら、税関検査と出国審査を受けなければなりません。出発時刻上、必ず済まさなければならない時間が各行程で決まっています。

関連する記事