春秋航空の機内食

春秋航空には、他の航空会社と同様に、機内食が用意されています。航空券を購入する際に予約することで、機内食が食べられるようになっています。中国系の航空会社ということもあり、メニューには中華料理もあります。

機内食の予約方法

機内食を食べるなら、まず航空券の購入と同時に予約しておきます。春秋航空の公式サイト・アプリ・コールセンターを使って、出発の36時間前までに購入しなければなりません。路線によって、提供されるメニューに違いがあるので、注意しておきましょう。機内食は、離陸後に安定状態に入ってから提供されます。また、春秋航空がメニューを変更することもあるので、機内食に関してはその点にも注意しましょう。また、座席の変更やトラブルなどにより、機内食が提供できないこともあります。その際は返金できない可能性があるので、機内食を予約する際は、注意事項をよく確認して行うようにしましょう。

春秋航空の機内食のメニュー

メニューは中華料理を中心に用意されています。主食を見れば、四川風ピリ辛チキンをはじめ、スパイシー春雨・水餃子・鶏肉とピーナッツの唐辛子炒めなどがあります。セットもあり、タイ風カレーセットやお魚と野菜の丼セットなどがあります。一部路線限定で、牛丼やカツ丼なども提供されています。お菓子などのメニューもあり、ワッフルとオレンジジュースのセットをはじめ、たこ焼きやお好み焼きなどもあります。

春秋航空の機内食

機内食が食べたいなら、航空券を購入する際に予約しなければなりません。出発の36時間前までに行いましょう。メニューは中華料理をはじめ、様々な料理が用意されています。一部路線でしか食べられないメニューもあります。四川風ピリ辛チキンなど、おすすめのメニューがたくさんあります。

関連する記事