春秋航空を利用する際の手荷物について

春秋航空をはじめとする航空会社を利用する際、荷物の取り扱いは大変重要なポイントになります。機内に持ち込む手荷物に関しては、いろいろと注意すべきところがあります。春秋航空を利用する際、手荷物にはどんな決まりごとがあるのでしょうか。

機内に持ち込める手荷物

春秋航空の機内に持ち込める手荷物は、大きさが3辺の合計115cm(56×36×23cm)以内、お一人様1個、重さ5?までなら、機内に持ち込めます。手荷物の収納は、お客様が快適に過ごせるように、収納する場所にも気を付けなければなりません。一般座席の場合は、座席上の収納棚や前の座席の下に置くことができます。足元や膝の上に置くことはできません。非常口座席の場合は、収納棚に置くことができても、それ以外の場所に置くことはできません。

機内持ち込みに制限があるもの

手荷物の中には、持込みに注意すべきものもあります。まずはライターですが、喫煙用ライターなら1人につき1個まで持ち込めます。ライターが良くても、たばこは持ち込みできません。たばこは他のお客様の快適性を損ねることがあるので、機内で使用することは禁止されています。水漏れのある恐れがあるもの、飲み物や化粧水などは、座席上の収納棚に置くことはできず、足元に置くことがすすめられています。ハサミは、刃体6cm以下で先がとがっていないものが持ち込めます。

春秋航空の機内に持ち込める手荷物

大きさ3辺の合計115cm以内、1人1個、重さ5?までのものなら、機内に持ち込めます。手荷物を置く場所は、収納棚や前の座席の下に置くことがすすめられています。手荷物の中には制限があるものもあり、ライターやたばこ、ハサミなどが当てはまります。特に液体を持ちこむ際は、水漏れの恐れがあるので、取り扱いに注意しなければなりません。

関連する記事